東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

海浜幕張駅前に「屋台横丁」開設 10店舗 21日から

千葉駅前大通りで開催された時の「屋台横丁」の様子(r−223提供)

写真

 JR海浜幕張駅(千葉市美浜区)の南口駅前で、地元飲食店が出店する「幕張新都心屋台横丁」が二十一〜二十五日、期間限定でオープンする。駅前のイルミネーションも楽しみながら、豊富なメニューの料理や酒を味わえる。

 県内のダイニングバーや焼き鳥店など十店舗が出店。トマト煮込みやおでん、もつ煮など、各店の自慢のメニューを提供する。

 駅周辺では昨年秋から、ドーム状の電飾オブジェなどを展示するイベント「光と鏡のアートイリュージョン」(二十六日まで)もある。

 屋台横丁は、中心市街地の活性化を目的に、民間団体「r−223」が中心となって企画。これまでに千葉駅前大通りなどで開催し、幕張新都心エリアでは初めて。実行委員会の担当者は「昔なつかしの屋台の雰囲気に包まれ、楽しい夜を過ごしてほしい」と来場を呼び掛けている。

 二十一〜二十四日は午後五〜十一時、二十五日は午前十一時〜午後七時。強風や荒天時は中止。問い合わせは、実行委=電043(213)6911=へ。 (太田理英子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報