東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

野田虐待死から1年 「二度と事件起こさぬ」 野田市全職員が黙とう

心愛さんの死を悼み黙とうする子ども家庭総合支援課の職員=野田市役所で

写真

 野田市役所では二十四日の業務開始時間に合わせ、全職員が黙とうした。

 事件後、虐待とドメスティックバイオレンス(DV)への対応を強化するため、新設した子ども家庭総合支援課でも職員たちが目を閉じて、思いを新たにした。

 鈴木有市長は同日の定例会見で「先日、市の再発防止合同委員会に提出された検証報告書などを踏まえ、市民や関係機関と協力しながら子どもたちの命を守ることのできる組織をつくっていく」と述べた。

 心愛さんが通っていた小学校では始業前に校長が校内放送で「心愛さんが天国で幸せにすごせるよう、お祈りしましょう」と呼び掛けて、全校児童が黙とうした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報