東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

流鉄車両に猫満載 記念乗車券を発売 令和2年2月2日「ニャンニャンニャンの日」

流鉄が発売する記念乗車券セット=流山市で

写真

 令和二年二月二日の「ニャンニャンニャンの日」に合わせ、流山と松戸両市を結ぶ流山線を運行する流鉄(流山市)は、日付を印字した記念乗車券セットを発売する。台紙はイラスト作家の杉本聖奈(まりな)さん(33)が担当、猫好きの流鉄ファンらしく猫いっぱいの流鉄愛があふれる絵に仕上がった。

 乗車券四枚セット。いずれも「2.−2.−2.」の発行日が打たれている。流山駅から二百円区間と小金城趾駅から百四十円区間の乗車券、平和台−馬橋駅と鰭ケ崎(ひれがさき)−幸谷(こうや)駅の往復乗車券で、流山線全駅を網羅している。台紙は縦約十五センチ、横約二十一センチの二つ折り。流鉄の全五種類の車両に猫たちを満載した扉を開くと、車両と猫が飛び出し、乗車券が現れる。

写真

 発売に合わせ、ピンクの車体とハート形のつり革が人気のさくら号の車両にも、杉本さんがデザインしたヘッドマークを付け、「にゃんにゃん記念号」=写真=として二月二十二日まで走らせる。期間中は特別に「ニャンマン」運転になる。

 杉本さんは聴覚障害と発達障害があり、絵で思いを伝えている。モチーフを重ねて貼っていき、浮き上がったように見せる立体イラストを得意とする。二〇一二年には流山駅構内の風景を描いた「黄色い電車、到着。」を制作して同社に寄贈、車両内に掲示している路線図も手掛けた。

 記念乗車券セットは千円(税込み)。千セットを用意した。二月二日から流山線各駅で販売するほか、郵送にも対応する。

 流鉄運輸課の松本浩美さんは「多くの人たちに流鉄に興味を持ってもらって、ぜひ乗りに来てほしい」と呼び掛けている。

 問い合わせは流鉄=電04(7158)0117(平日午前九時〜午後五時)=へ。(林容史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報