東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

台風15号で倒壊の鉄柱撤去 市原市がフジムラ表彰

小出譲治市長(左)から表彰される藤村一人会長=市原市役所で

写真

 昨年九月の台風15号の強風で倒壊したゴルフ練習場の鉄柱を無償で撤去したとして、市原市は十七日、解体会社フジムラ(東京都江戸川区)を表彰した。小出譲治市長は「初めて連絡を聞いた時、救いの神が来たと思った。ありがたい限りだ」と感謝の意を伝えた。

 ゴルフ練習場「市原ゴルフガーデン」(同市)では、台風15号の影響で高さ三十〜四十メートルの鉄柱十三本が倒れて周辺の住宅などに直撃し、二十代の女性や当時生後三カ月の乳児などが負傷した。

 報道で倒壊を知った藤村一人会長が、市に無償撤去を提案。住民の同意が集まった昨年十月下旬から撤去を開始した。現場指揮などを担当した落合誠一常務取締役は「実際に見るとひどい状況で、二次災害がないように気を付けた」と振り返った。

 表彰状を受け取った藤村会長は「住民からの感謝の言葉がうれしかった。今後の災害現場で迅速に対応する自信がついた」と語った。

 倒壊した鉄柱の撤去は昨年十一月十三日に終え、現在は残った鉄柱の除去や更地にする作業をゴルフ場から有償で請け負っている。 (山口登史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報