東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

「さわ田茶家」サービス大賞 八千代商議所主催 元首相の別邸を移築

やちよサービス大賞に選ばれた「さわ田茶家」=いずれも八千代市で

写真

 八千代商工会議所サービス業部会が主催した「第二回やちよサービス大賞」の表彰式が十七日夜、八千代市内であり、万屋(よろずや)商事(同市)が運営するそば料理専門店「さわ田茶家」が大賞に選ばれた。終戦直後に就任した東久邇宮稔彦(ひがしくにのみやなるひこ)元首相の別邸を移築した伝統的な建物で、そば料理や懐石料理などを提供している。優秀賞に二社、創業賞には一社が選定された。

 特色あるサービスをしている企業などを表彰する同大賞は、昨年に続いての開催。さわ田茶家の建物は木造二階建てで、昭和初期に市川市内に建てられ、一九六四年に現在地に移された。住宅として使われた後の九九年、万屋商事の創業五十周年を機に開店した。

 重厚な入り母屋造りに庭園が配され、黒光りする大黒柱や漆喰(しっくい)の土壁、天井の太い梁(はり)のほか、二階にある書院造りの床の間などが、伝統的な日本建築を伝えている。

 表彰式で万屋商事の沢田政道社長(71)は、受賞を喜ぶとともに、店内でライブなどのイベントを開いていることを紹介。「ただのそば屋ではなく、地域の文化・情報を発信しようと思った」と語った。

 審査委員長の鮎川二郎・千葉商科大名誉教授は「サービス業では、どんな品質の物を、どんな価格で提供し、どんな感動を生み出せるか−を見極めてほしい」と、参加した市内の事業所代表者らに呼び掛けた。

 優秀賞には個別指導塾「トライプラス八千代緑が丘校・八千代台校」と介護・福祉業「ファーストステージ」、創業賞にはハンドメイド雑貨販売「リトル・フォレスト」がそれぞれ選ばれた。 (保母哲)

表彰式で各賞が贈られた企業代表者ら

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報