東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

<新型コロナ>知事「対岸の火事でない」 千葉・松戸両市長も 感染拡大防止へ

新型コロナウイルス対策で1都4県の知事によるテレビ会議に臨む森田健作知事=県庁で

写真

 東京都で新型コロナウイルスの感染が爆発的に拡大していることを受け、森田健作知事は二十六日、県民に今週末の都内への不要不急の外出を控えるよう呼び掛けた。「東京がこのような状態になっているので、行き来すればいろいろなことが起きる。対岸の火事ではない」と注意喚起した。 (中谷秀樹、太田理英子、林容史)

 森田知事は、東京都の小池百合子知事の自粛要請について「東京五輪の開催地だから責任もある。隣接県だから、お互いに努力するのは当然」と理解を示した。県内での外出は自粛対象外とした。地域経済への影響拡大が懸念されるが、森田知事は「首都圏の首長がお互いに固まって意思疎通をして、こう言う時こそ一致団結していかないといけない」と力説した。

 政府が対策本部を設置したことを受け、県も本部を設置。森田知事は東京、埼玉、神奈川、山梨との一都四県の知事によるテレビ会議に臨み、感染拡大防止に向けた対応を協議した。

 千葉市の熊谷俊人市長も「都内での感染リスクが拡大している」として、平日の在宅勤務や週末の都内への不要不急の外出を控えるよう呼び掛けた。都内から通う市職員が約二百人いるため、貸しスペースなどを利用する「サテライトオフィス」の設置も検討しているという。

 東京都に隣接する松戸市も週末の都内への不要不急の外出の自粛を市民に求めた。本郷谷健次市長は「都内の状況次第では次の手を打たなければならない」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報