東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 千葉 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【千葉】

<新型コロナ>市川や浦安、柏の小中校など 休園・休校期間を延長

 市川市教育委員会は三日、新型コロナウイルスの影響による市立の幼稚園と小中学校の休園休校期間を、五月六日まで延長すると発表した。始業式と入学式は実施する。

 県内でも感染経路が不明な感染者が相次いでおり、隣接する東京都が「感染拡大警戒地域」となったことなどを理由に挙げている。

 浦安市教委も、市立の小中学校と幼稚園、認定こども園を五月六日まで臨時休業にすることを決めた。入学式・始業式などは行う。

 柏市教委は、市立小中の四十三学校の臨時休校期間を十七日まで延長すると発表した。再開日は未定。六日の始業式、入学式(小学校十日、中学校九日)は予定通り実施する。

 修学旅行や林間学校、運動会など全校・学年規模の行事は、二学期に延期するか、中止とし、中学校の部活動と、小学校のクラブ活動は当面中止する。市内四十三カ所のこどもルーム(学童保育)は臨時休校中も開所する。

 松戸市教委も市立小中学校の休校を当面、続けることを決めた。再開は未定。

 市内の感染者が十人以上となり隣接する東京都で感染者が急増していることを受けた措置。休校中、登校を希望する児童生徒は分散させて学校で受け入れる。

 鎌ケ谷市教委も十九日まで、市内の小学校と中学校を臨時休校とすると発表した。放課後児童クラブは午前八時〜午後七時に開所する。 (保母哲、堀場達、林容史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報