東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社説・コラム

ここから本文

【社説・コラム】

 阪神大震災から二十五年となった昨日、多くの人が祈りをささげました。観測史上初めて震度7を記録し、死者六千四百三十四人は、当時としては戦後最悪の自然災害でした。 「関西に地震はないと思っていた」と多くの人が驚きましたが、そうでない人もいたのです。(1月18日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 文明は感染症の「ゆりかご」であった。感染症対策に詳しい山本太郎さんの著書『感染症と文明』にそんな言葉がある。農耕によって食糧増産を成し遂げた人類は定住し、人口を増やした。(1月18日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 一九九〇年代中ごろ、日産マーチでしばしば妻に駅まで送ってもらっていた。性能が良く、出掛けに門扉をこすって巨大な傷を付けた以外、壊れたことはなかった。 マーチは日産の村山工場で生産されていた。工場の大半は武蔵村山市(東京都)にあり一部立川市にまたがっている。(1月15日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 目が見えない人らがプレーするブラインドサッカーの取材を続けている。原点は四年前。全盲の女性アスリート(34)にインタビューした時の驚愕(きょうがく)体験だ。 目が見えない人は聴覚など他の感覚が研ぎ澄まされると聞いたことがある。(1月17日 紙面から) [→記事全文へ]