東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社説・コラム

ここから本文

【社説・コラム】

 愛知県は九日、緊急事態宣言の対象区域に同県を追加するよう政府に要請し、十日には県独自の緊急事態宣言を出す。東京から九州までの大都市圏に対象が拡大する。一層強い危機感を共有したい。(4月10日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 米大統領選は共和党のトランプ大統領に民主党のバイデン前副大統領が挑む構図が固まった。左右の亀裂が深い党内をまとめ上げ、底力を見せることができるのか。バイデン氏の重い課題である。(4月10日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 東京都西部の中央線沿いの町に住んでいるが、緊急事態宣言にも町の雰囲気にさほど変わりはないようである▼さすがに夜の人通りは目に見えて減ったものの、昼時分の駅周辺は買い出しに歩く夫婦や家族連れも目立ち、さながら日曜日である。(4月10日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 「十代だった頃に出会った本の多くは、身近な図書館という場所があったからこそ読めたものばかりだし、今新刊を購入したいと思う気持ちの原点となる『本が好き』という思いも、そこで育ててもらった」(4月8日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 一昨年、十年ぶりに栃木県の足利支局に戻ってきた。足利市で旧知の人と再会する喜びもあったが、鬼籍に入られた方もいる。その一人が足利商工会議所専務だった中島粂雄さん。映画会社の元営業マンだった経験を生かし、映画文化をまちおこしに生かそうと奔走していた。(3月20日 紙面から) [→記事全文へ]