東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社説・コラム

ここから本文

【社説・コラム】

 就活情報サイト「リクナビ」が、学生の個人データから内定辞退率を予想し企業に売っていた。データは本人同意が不十分なまま流れていた。販売した側、購入した企業双方が猛省すべき問題だ。 リクルートキャリアが運営する「リクナビ」には就活生の大半が登録している。(8月19日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 中国が七月下旬、国防白書を公表した。白書は米国への対抗心をあらわにし、台湾独立の動きへの武力行使にも言及するなど中国の「強軍路線」は明らかで、周辺国の脅威になることが懸念される。(8月19日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 お盆とは何か、なぜ日本人は休むのか。欧州の人に尋ねられて、困った覚えがある。ご先祖を迎えて…などと言おうとしてすぐに知識と外国語の能力の限界もやってきた▼京都で暮らし、日本が舞台の小説を書いた英国の作家フランシス・キング氏は、作中の英国人にそんな行事は国に…(8月19日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 夏の旅行客でごった返す羽田空港に、初めて見る電話ボックスがあった。「手話フォン」という。 聴覚障害者の手話をテレビ電話で通訳オペレーターが受け、通常の電話で相手に伝えてくれる。日本財団が運営する「電話リレーサービス」だった。(8月19日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 千葉県九十九里町の片貝海岸。来年夏、この砂浜を大勢の人が埋め尽くすかもしれない。 「音楽フェスを企画する」。春に地元の高校一年の少年(16)にそう聞いた時、最初は正直、半信半疑だった。だがその計画は今、動きだしている。(8月16日 紙面から) [→記事全文へ]