東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社説・コラム

ここから本文

【社説・コラム】

 台風19号が日本列島に大きな傷痕を残した。行方不明者の捜索を急ぎ、被災地の復旧作業を進めなければならない。近年、激甚化する気象災害にどう備えるかも、問われている。 暴風域が直径六百五十キロにも及び、スーパー台風ともいわれた台風19号。(10月14日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 ラグビーのワールドカップ(W杯)で日本が初めて八強入りを果たした。多様な選手たちの結束と緻密な強化策が生んだ快挙だ。次は強豪南アフリカとの対戦だがひるまず高みを目指してほしい。 前回大会で日本が南アフリカを破ったときは「奇跡」といわれた。(10月14日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 <小鮒(こぶな)釣りしかの川>。唱歌「故郷」の「かの川」とは作詞した高野辰之の故郷、長野県中野市を流れる斑川とされる。千曲支流の一つである▼同じ高野作詞の「朧月夜(おぼろづきよ)」にも千曲川沿いの光景が描かれる。<菜の花畠に入り日薄れ>。(10月14日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 日弁連は徳島で開催した人権擁護大会で、取り調べの際、弁護人の援助を受ける権利の確立を求める宣言を採択した。その前提には「日本の刑事司法制度は国際的水準に達していない」という認識がある。(10月14日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 駆け出し時代、最初の仕事は事件の遺族取材だった。キャップの指示は「被害者の妹さんのコメントを取ってきて」。憔悴(しょうすい)した様子の妹さんはドア越しに応じてくれた。「今は何も話したくないです」。胸が痛み、言葉が続かなかった。(10月4日 紙面から) [→記事全文へ]