東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社説・コラム

ここから本文

【社説・コラム】

 滋賀県の呼吸器事件で殺人罪が確定し服役した西山美香さん(39)の再審開始が最高裁で確定した。自白偏重の捜査や、下級審判決の矛盾を見逃し、有罪判決を繰り返した司法に猛省を求めたい。(3月20日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 二〇二〇年東京五輪招致に絡む贈賄疑惑でフランス司法当局の捜査対象となった日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長が退任を表明した。責任を負うべきは竹田氏だけなのだろうか。(3月20日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 「われわれの間では普通ムチで打って息子を懲罰する。この国ではめったに行われない。ただ言葉によって譴責(けんせき)するだけである」「注目すべきことに、家庭でも子供を打つ、叩(たた)く、殴るといったことはほとんどなかった」。かつてのある国の印象である。(3月20日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 スケートリンクの中央で大きな拍手に包まれた高橋大輔選手が、ピアノを弾き終えた塩入俊哉さんに向かって一礼し、拍手を送った。昨年十二月二十五日、フィギュアスケートのエキシビション「メダリスト・オン・アイス」での一幕だ。(3月20日 紙面から) [→記事全文へ]