東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社説・コラム > 私説・論説室から > 記事

ここから本文

【私説・論説室から】

至高の芸術のすすめ

 ウィーン・フィル、ベルリン・フィル、アムステルダムに本拠を置くロイヤル・コンセルトヘボウ。「世界ビッグ3」ともいうべきオーケストラが今月同時来日している。

 日本経済は消費が低迷している。だがクラシック音楽の世界では依然、消費大国だ。名門オーケストラの来日は日常茶飯事だ。

 今回、どれか行こうとしたがあきらめた。値段が高すぎる。来日公演チケットの一部が高いのは昔からだ。一九八六年名ピアニスト、ホロビッツの演奏会に行ったが四万円近かった。その月苦しい生活を強いられた。

 至高の芸術であるクラシック音楽は好きになれば生涯の友になる。新婚当時、割り箸を指揮棒の代わりに陶然とCDを聴く姿に妻は驚がくしていた。最近は小澤征爾氏にならい指揮棒(割り箸)を捨て、手だけで振っているが家族は無視するのみだ。

 クラシックを聴くならぜひ、生演奏をお勧めしたい。首都圏には質の高いオーケストラが多く、指揮者やソリストも世界的名手がひんぱんに来る。値段も海外勢と比べかなり安い。名演に出合えば、その奥深い世界の虜(とりこ)になるはずだ。

 一部同好の士にもお願いがある。「ブラボー」のやり方だ。音が消えた後の静寂も芸術だ。微弱音が流れるマーラーの交響曲第九番が終わる直前「ブラボー」を叫んだ人がいたが、その衝撃は忘れられない。 (富田光)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報