東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社説・コラム > 私説・論説室から > 記事

ここから本文

【私説・論説室から】

ワールドクラス国民

 一九九〇年代中ごろ、日産マーチでしばしば妻に駅まで送ってもらっていた。性能が良く、出掛けに門扉をこすって巨大な傷を付けた以外、壊れたことはなかった。

 マーチは日産の村山工場で生産されていた。工場の大半は武蔵村山市(東京都)にあり一部立川市にまたがっている。周辺には土地勘がある。駆け出し時代、この地域の事件や行政を担当していたからだ。

 当時、工場近くには多くの商店があった。工場で働く人々が通う飲食店、理容室、スナック…。だが一九九九年、工場の閉鎖が決まり、二〇〇四年には完全に姿を消した。それに伴いかつての商業圏も寂れていった。広大な跡地には今、大型店舗や公園、スポーツ施設などがある。

 閉鎖を決めたのは、昨年末に逃亡した日産前会長のカルロス・ゴーン氏だ。経営立て直しの一環として工場ごとリストラしたのだ。ゴーン氏の決断は日産再建のためだったが、多くの人々の人生を変えた。

 ゴーン氏は大金持ちで世界中に幅広い人脈を持っている。彼のようなワールドクラスの国民は軽々と法の支配を突破したり、一国の政府に守ってもらうことが可能だ。

 今回の逃亡劇はその事実を裏付けた。一般国民には想像もできない世界である。これも、世界中で途方もなく広がっている格差の一端なのだろう。 (富田光)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報