東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社説・コラム > 私説・論説室から > 記事

ここから本文

【私説・論説室から】

悩み多き人生の終い方

 森鴎外の墓は、東京都三鷹市の禅林寺にある。向かい合うように太宰治の墓が立つ。鴎外の文学を愛した太宰の希望によるものだ。師弟のような二人の関係にも思いは広がる。

 一方、作曲家モーツァルトは、ウィーン郊外の共同墓地に無造作に埋葬されたと伝えられる。妻は立ち会わず、正確な埋葬場所は特定されていない。

 歴史上の著名人でも、埋葬のされ方は古今東西さまざまだ。

 日本でも今、墓地事情が大きく変わりつつある。

 愛知県に住む知人が、関東に住む親戚から「東京の墓をどうするか」と相談を受けた。墓には知人の親兄弟が眠るが、墓の面倒を見てきた親戚の父親が高齢となり、管理ができなくなったという。

 知人は地元の愛知に自分たちの墓を確保していると説明。東京の墓の後継者はいなくなり、永代供養されることになった。ただ、知人の子どもたちは東京で暮らしているため、愛知の墓は一代限りになる可能性もある。

 核家族化が進み、独り暮らしも増えた。

 墓石を立てず、木々の近くに埋葬する樹木葬、遺骨を海などにまく散骨など、選択肢は広がっている。

 人生は決断の連続だ。さて、その先、人生の終(しま)い方についても、どうするか、考えなければならない時代である。  (熊倉逸男)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報