東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 文化

ここから本文

【文化】

写真

 定額料金で一定期間、商品を利用できるサブスクリプション(定額制)と呼ばれるサービスが新しいビジネスモデルとして注目されている。「所有から利用へ」という消費スタイルの大転換で何が起きるのか。(8月17日 紙面から) [→記事全文へ]

[写真]

児玉昇司さん

 
写真

 八月一日から、出品作家のジェンダー平等を掲げた「あいちトリエンナーレ」(名古屋市などで開催)が始まった。これを機に、現代のアート界におけるジェンダー不平等について、歴史的な視点から振り返るのもいいだろう。(8月14日 紙面から) [→記事全文へ]

[写真]

「あいちトリエンナーレ2019」の注目作の1つ、メキシコのモニカ・メイヤーさんの作品。参加者が匿名で、日常生活で感じる抑圧について書いた紙をつるして展示する=名古屋市美術館で

 
写真

 ゲイであることをカミングアウトし、同性愛をテーマにした短歌が高く評価されている歌人の小佐野彈(だん)さん(36)が書いたデビュー小説『車軸』(集英社)が好評だ。(8月17日 紙面から) [→記事全文へ]

 

 今回の参議院選挙のポイントは、投票率の低さにある。選挙区の投票率は48・80%で、国政選挙での投票率が五割を切ったのは戦後二回目である。 政治学者の中北浩爾は『自民党−「一強」の実像』(中公新書)の中で、安倍政権の選挙の強さの源泉を「低投票率」に求めている。(7月31日 紙面から) [→記事全文へ]

 
写真

 第百六十一回芥川賞は、今村夏子「むらさきのスカートの女」(『小説トリッパー』春号)に決まった。三度目の候補作での受賞だが、私も今回は獲(と)るだろうと思っていた。だが、以前の本欄で詳しく取り上げたので内容には触れない。(8月1日 紙面から) [→記事全文へ]

[写真]

『文藝』秋号

 

PR情報