東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 文化 > 文芸時評一覧 > 記事

ここから本文

【文芸時評】

文芸この1年 佐々木敦さん×安藤礼二さん 対談(上)

師走の夜、語り合う安藤礼二さん(左)と佐々木敦さん=東京新聞(中日新聞東京本社)で

写真

 年末恒例の対談「文芸この1年」。本紙で文芸時評を執筆している批評家の佐々木敦さんと、文芸評論家で多摩美大教授の安藤礼二さんが二〇一八年の文学について語り合いました。(文中敬称略)

◆奥泉、巧さの極致に(佐々木)

 安藤 今年を振り返ると、歴史と物語の関係を再考するものが多かったと思います。平成が終わることが決まり、もう一度、作家が歴史をどう解釈し、自分なりの物語として書くかが問われました。

 佐々木 新書でも歴史ものがベストセラーになっており、歴史への関心が無意識的なレベルで高まっていると感じます。その点で今年を代表する作品としてまず挙げたいのが、戦前の昭和を舞台にした奥泉光の『雪の階(きざはし)』です。彼のお家芸ともいうべきパターンですが、ミステリーの形式を取りながらどんどん話が混沌(こんとん)としていく。普通のミステリーのように結末で物語が収束することなく、読者を異世界に連れていく。今作では文章も語り口も巧(うま)さの極致に来ている。

 安藤 奥泉は、この本で三島由紀夫と松本清張とを一つにしたかったのかなという気がします。

 佐々木 それは明らかにありますね。僕は先日「豊饒(ほうじょう)の海」の舞台を見たのですが、昨年は「美しい星」が映画化され、今年も大澤真幸が新書(『三島由紀夫 ふたつの謎』)を出すなど、三島のプチブームが来ている。古川日出男の最新の戯曲も「ローマ帝国の三島由紀夫」だし。これも平成の終わりと関係があって、三島というスクリーンの向こう側に見えるのは天皇なんです。

 安藤 『雪の階』と並べたいのが、今年刊行の大江健三郎の全集で初めて書籍化された「政治少年死す」。奥泉が記した「純粋天皇」という概念は「政治少年死す」の大きなテーマでもある。五十七年前の作品ですが、第一部「セヴンティーン」から通して読むと、少年の自慰のシーンに始まり、彼が「純粋天皇」と一体化しようとしてテロに走る、三島以上に危険な小説。一番危ない主題で一番危ない書き方をし、右翼からの脅迫という現実の被害も受けた。なぜ大江が日本を代表する作家になったかが分かります。

 佐々木 天皇制の問題があらためて浮上せざるを得ない平成の終わりに「政治少年死す」が読めるようになったことは、偶然とは思えない。

 安藤 ストレートに歴史と立ち向かった奥泉に対し、極めて屈折した形で歴史を解釈し直そうとしているのが古川日出男『ミライミライ』。過去を変革することが未来を変えていくという小説で、彼がこれまでやろうとしてきた歴史改変を最もシンプルな形で実現できていると思います。「平家物語」の現代語訳を成し遂げたのが大きいのでは。

 佐々木 奥泉の小説は緻密に計算し尽くされていて、隅々まで意識化できているのに対し、古川は全く違うアプローチで歴史をわしづかみにしようとしている。彼はもうずっと大変なペースでメガノベルを書き続けていて、全部合わせて古川日出男みたいなところがある。

 安藤 未完成を恐れず、谷崎潤一郎みたいな作家を目指せばいい。谷崎も未完の作品が多い、でも面白い。

◆異質排除する論壇(安藤)

 佐々木 文芸の世界で事件が満載の年でもありました。

 安藤 女性作家が増えたとはいえ、やはり文学界は根本的に男社会だったことが露呈したのが、早稲田大の文学学術院で起きたセクハラ問題。大学の問題と文学の問題が連動している面があります。教育現場では、教える側と教わる側が非対称で、権力関係が醸成されやすい。そして、文学というものを本当に教えられるのかという点も問われました。誰もが作家になれるわけではない。小説を書きたい学生が大学の教員から学ぶのは、不幸な出会いではないかと以前から感じていました。

 佐々木 あの案件については一切擁護できない。被害を申し立てた元大学院生の勇気ある行為によって問題が表面化したことはたいへん良かったし、再発に対する歯止めにもなり得る。また、寄稿がLGBT(性的少数者)への差別的表現だと批判され、『新潮45』が廃刊になった問題では、文芸誌が意外なほどビビッドに反応しました。そうしないわけにもいかないということもあったでしょうが。

 安藤 右と左に分かれがちな論壇誌を見ると、どちら側も異質の意見を入れる余地が全くなく、うんざりします。

 佐々木 今は自分と価値観を同じくする人にだけ語りかけていればOKという構造があらゆるところで見られます。他者を批判したり嫌悪したりするというよりも、他者がそもそも見えていない状態。

 安藤 ある陣営の歴史観ともう一方の歴史観が同じ国のものとは思えない。現実がフィクション化しています。

 佐々木 小さな世界の中でだけ通用する約束事でまわっている、いわばファンタジーの世界になってきました。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報