東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 文化 > 新国立競技場問題 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【新国立競技場問題】

新国立聖火台 どこに置く? 検討チーム発足へ

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの重要事項について、大会組織委員会の森喜朗会長や遠藤利明五輪相ら関係機関のトップが協議する調整会議が三日、開かれ、新国立競技場のどこに聖火台を配置するかを話し合う検討チームをつくることを決めた。新国立競技場は五月中に基本設計を終える予定のため、四月中の配置場所決定を目指す。

 会議後に会見した遠藤五輪相は、チームは組織委や内閣官房、スポーツ庁、日本スポーツ振興センターなどで構成し、自らが検討の取りまとめをすると説明。

 聖火台の配置は、「オリンピックスタジアム内の観客すべてから見える場所に」「競技期間中はスタジアムの外にいる人々からも見えるよう、可能な限り目立つ場所に」といった国際オリンピック委員会(IOC)のルールを踏まえた上で、点火などのセレモニーも念頭に決める必要がある、とも説明した。

 遠藤五輪相は「まもなく基本設計ができるので、ある程度の場所とイメージをつくっておかないと」と話した。聖火台の配置はIOCの承認を得て決定する。

 

この記事を印刷する

PR情報