東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 文化 > 新国立競技場問題 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【新国立競技場問題】

新国立聖火台 ザハ案「場外」で思い込み 木材屋根 消防法懸念

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場の聖火台の設置場所が決まっていない問題について、遠藤利明五輪相は四日の閣議後記者会見で、自らが責任者を務める検討チームを来週にも発足させる意向を表明した。協議内容は競技場の中か外のどちらに置くかといった大枠にとどめる方針を示した。

 建築計画は木材が使われる屋根で覆われる構造となっており、競技場上部への聖火台設置が消防法上、問題となる懸念が出ている。遠藤五輪相は三日の記者会見では検討チームが四月中にも設置場所を決める考えを示したが「(開会式での)聖火台への点火は五輪のメーンイベントでサプライズも必要。具体的な場所はもう少し後で議論される」と述べた。「工期が遅れたり、整備費の上限価格が増えたりすることはない」とも強調した。

 馳浩文部科学相は昨年白紙撤回されたザハ・ハディド氏デザインの旧計画で聖火台は建物外に配置する想定だったと明らかにし、建設の事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)が新計画でも聖火台は競技場外の設置になると「思い込んでいたようだ」との認識を示した。一方、JSC幹部は「組織委とはこれまで協議、調整を重ねてきたが、聖火台の(場外設置など)具体的な要望は受けていない」としている。

 国際オリンピック委員会(IOC)は原則として聖火台は「五輪スタジアム内に観客すべてから見える場所に配置するべきだ」と規定している。東京都の舛添要一知事は「聖火は常に(観客から)見えているのがベストだ。(IOCの)原則を守るべきで解決策を模索したい」と語った。

 

この記事を印刷する

PR情報