東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 文化 > 新国立競技場問題 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【新国立競技場問題】

競技場デザインの変更なしを確認 聖火台問題で初会合

 政府は十一日、二〇二〇年東京五輪・パラリンピックのメーンスタジアムとなる新国立競技場の聖火台に関する検討チーム(議長・遠藤利明五輪相)の初会合を内閣府で開き、設置に伴う競技場のデザイン変更は基本的にしない方針を確認した。開会式で聖火を点火する場所や大会期間中の設置場所を、それぞれ競技場の内外どちらにするかなど、基本的な方向性を四月下旬までにまとめる。

 遠藤氏は「いろいろな意見や過去の例を踏まえて検討し、国民に安心してもらえるようにしたい」と述べた。初会合では最近の五輪大会で使われた競技場の構造や聖火台の設置場所に関し、大会組織委員会が説明した。

 検討チームは政府と組織委、東京都など関係組織の幹部で構成。遠藤氏は「点火は開会式の中心となるイベントで、サプライズ性も必要だ」との考えを示しており、聖火台の具体的な設置場所は検討チームの議論を踏まえて組織委を中心に結論を出す見通しだ。

 国際オリンピック委員会(IOC)は聖火台に関し「競技場の全ての観客から見える位置に置き、大会期間中は競技場外の人からも見えるようにしなければならない」との原則を設けている。

 

この記事を印刷する

PR情報