東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 経済Q&A > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済Q&A】

「4G」の100倍高速通信 医療、運転など応用

 東京ゲームショウでも注目を浴びた次世代通信規格「5G」。どんな通信サービスなのでしょうか。 (岸本拓也)

 Q 5Gって何。

 A 「ファイブ・ジー」と読みます。「G」は世代を意味する「generation(ジェネレーション)」の頭文字で、第五世代の移動通信システムのことです。通信規格は技術革新が進むにつれて約十年ごとに世代交代を重ねていて、現在の携帯電話で主流の「4G」の後継技術です。

 Q 特徴は。

 A 現在の4Gの百倍を超える高速通信が可能です。例えば、二時間の映画を三秒でダウンロードできると言われています。これまでより多くの機器を同時に円滑に動かすことができるのも利点です。

 Q 東京ゲームショウでは、多くの人が同時にネットゲームを楽しんでいたね。

 A 高速通信のおかげで、ゲーム専用機がなくても、スマートフォンで質の高いゲームが楽しめます。5Gは反応が速いので、ゲーム以外にも、車の自動運転の安全性を高めたり、ロボットを使った遠隔医療など、幅広い分野での応用が見込まれています。スポーツ観戦では、いろいろな角度の中継映像を同時に楽しめるようにすることなども検討されており、二〇二〇年の東京五輪・パラリンピックでの活用が期待されます。

 Q いつから使えるの。

 A 米国と韓国では四月にスマホ向けサービスが一部始まりました。日本では、NTTドコモなど通信各社が二〇年春から本格的なサービスを始める予定です。5G対応スマホも今後発売される見込みですが、通信料金や端末価格の値上がりが気掛かりです。

 

この記事を印刷する

PR情報