東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

日米首脳会談で市場開放要求へ 日本に、米高官が表明

 【ワシントン=白石亘】米ホワイトハウス高官は二十一日、ニューヨークで二十六日に開く日米首脳会談で、日本側にさらなる市場開放を要求するとの考えを明らかにした。ロイター通信が報じた。米国は牛肉などの農畜産物の対日輸出を増やしたい考えで、具体的な取り組みを求め、日本に圧力を強める恐れがある。

 ロイターによると、同高官は「米国はもっと日本市場にアクセスしたい。トランプ大統領と安倍晋三首相の会談がどうなるか注視している」と語った。

 米国側は牛肉などの輸出関税を引き下げるため、自由貿易協定(FTA)を念頭に日本との二国間交渉を要求。これに対し、日本側は環太平洋連携協定(TPP)に米国が復帰するのが最善との立場だ。トランプ政権は輸入車に対する追加関税をちらつかせて、譲歩を迫るとみられる。

 一方、米国は二十四日に二千億ドル(約二十二兆円)相当の中国製品に制裁関税の第三弾を発動する。トランプ大統領は中国側が報復してくれば、第四弾の対中関税を発動するとしているが、同高官は「私は中国との貿易問題が解決に向かって進んでいくと楽観している」との見方を示した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報