東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

日米貿易協議、半日延期 米側スケジュール合わず

 【ニューヨーク=白石亘】日米両政府が二十四日夕方(日本時間二十五日朝)に予定していた閣僚級の貿易協議(FFR)が二十五日朝(同二十五日夜)に延期された。ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表がトランプ大統領の主催するパーティーに出席を求められるなど多忙で、スケジュールの調整がつかなくなったという。

 茂木敏充経済再生担当相が記者会見して明らかにした。茂木氏は「事前協議の段階で何かがもつれたことはない」と話し、米国との調整は順調に進んでいるとの認識を示した。

 茂木氏は八月に貿易協議の初会合を開いて以降、ライトハイザー代表と電話会談を行ったことに触れ、「どういう接点を見いだし得るかお互いに考えている」と強調。閣僚折衝の結果を二十六日に開かれる日米首脳会談で合意文書にまとめたい考えで、「いい成果が出せるようにしっかり調整していきたい」と述べた。

 日本側は、米国が輸入する日本車に追加の関税を課さないことを条件に、米国と貿易に関する二国間の協議を始めることを検討している。茂木氏は「自由で公正な何らかの新しい枠組みをつくっていくことは、日米貿易を促進させる上で重要だ」と語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報