東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

トヨタ全店で全車販売検討 20年代半ば、車種は大幅減

写真

 トヨタ自動車が国内に約五千あるトヨタブランドの全店舗で、全車種を取り扱う方向で検討していることが二十七日、分かった。二〇二〇年代半ばをめどに実施する。これまでは「トヨタ店」「カローラ店」など四つの販売系列で異なる車種を売ってきた。車種は現在の約六十から大幅に減らす見通し。

 日産自動車やホンダもかつては販売系列ごとに取り扱う車種が異なっていたが、効率化のため一本化している。国内市場の縮小やカーシェアリングの普及といった環境の変化を踏まえ、トヨタも半世紀以上続けてきた販売体制を見直す。

 トヨタ車の販売会社は全国に約二百八十社あり、九割以上はトヨタの直営ではなく地場資本の企業だ。販売店網は維持し、カーシェアリング事業への進出や地域に根差したサービスの展開など、新車販売だけに頼らないビジネスモデルの構築を目指す。

 車種の削減は、ミニバン「ノア」と「ヴォクシー」など「兄弟車」の一本化などを通じて実施する見込み。兄弟車はエンジンや車台など主要部分が共通で、消費者の多様なニーズに応えるため、車名や内外装のデザインを変えている。

 トヨタブランドの販売系列はクラウンなど高価格帯を扱う「トヨタ店」のほか、大衆車を売る「カローラ店」、若者向けの「ネッツ店」や「トヨペット店」がある。高級車ブランド「レクサス」の店舗は四系列とは別に展開しており、そのまま残す。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報