東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

チョコフレーク生産終了 スマホ普及で売れなくなった?

写真

 森永製菓は二十八日、同社のチョコレート菓子「チョコフレーク」=写真=の生産を終了すると発表した。商品を製造している千葉県野田市の子会社工場を二〇一九年十二月に閉鎖するためで、同社は一九年四〜六月ごろに生産を終える予定としている。

 森永はコーンフレークにチョコをコーティングした「チョコフレーク」を一九六七年から販売。甘くて軽い食感が人気を集めたが、最近は健康ブームも後押ししてカカオ成分の多い苦めのチョコが好まれるようになったほか、チョコが手に付くためスマートフォンなどを触りながら食べづらいなどの理由で販売が減少していた。

 広報担当者は「チョコを取り巻く社会の環境と隔たりが大きく、残念な結果となった」と話している。

 「チョコフレーク」は森永の他に日清食品グループの日清シスコが販売している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報