東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

通年採用、どこまで広がる 楽天など秋の入社式

入社式に臨む秋採用の新入社員=1日午前、東京都世田谷区で

写真

 通年で採用活動を行っている楽天は一日、東京都内で、海外の大学を卒業するなどした秋入社の新入社員を対象に入社式を開いた。採用活動を巡っては、経団連の中西宏明会長が就職活動の時期などを決める「就活ルール」の廃止に言及。これを受け通年採用を模索する企業が出始めており、今後は秋の入社式が広がりそうだ。

 経団連に加盟していない楽天は二〇一五年から、通年採用を実施している。外国人二人を含む総合職の新入社員二十九人が入社式に臨んだ。二百六十二人が入社した四月の入社式よりは小規模なものとなった。

 米国の大学院を五月に卒業した新入社員の八十(やそ)あゆみさん(24)は「春入社の企業だと卒業してから時間が空いてしまう。時間を無駄にしたくないので、通年採用の企業を中心に就職活動をした」と、秋入社の企業を選んだ理由を話した。

 この日は、楽天以外でも通年採用を行うメルカリなども入社式を開いた。

 一方、同日は経団連に加盟する企業を中心に、一九年春入社予定の大学生らに対する採用内定が正式に解禁され、内定式が行われた。ただ、台風24号の影響で式を延期したり中止したりする企業が相次いだ。 (木村留美)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報