東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

米の自動車販売、日本5社が減少 9月、買い替え反動

写真

 【ニューヨーク=共同】トヨタ自動車など日本の自動車メーカー六社は二日、九月の米新車販売台数を発表した。トヨタやホンダなど五社が前年実績を下回り、六社の合計は前年同月比9・0%減の五十四万四千五百九十一台だった。前年にあったハリケーン被害に伴う買い替え需要の反動減が響いた。

 トヨタは主力のセダン「カムリ」やスポーツタイプ多目的車(SUV)「RAV4」が振るわず、10・4%減の二十万三千九十八台と三カ月連続で減少した。ホンダも7・0%減の十三万二千六百六十八台だった。主力セダン「アコード」が落ち込んだ。

 日産自動車は12・2%減の十二万二千八百十九台、マツダは17・4%減の二万一千二百五十七台といずれもセダンが不振。三菱自動車はSUV「アウトランダースポーツ」が低調で8・6%減の七千七百五台。

 一方、SUBARU(スバル)は3・5%増の五万七千四十四台だった。新型SUV「アセント」が押し上げた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報