東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

東証システム障害 大手証券で注文停止相次ぐ

 東京証券取引所は九日朝、株式売買などのシステムで障害が発生したと発表した。証券会社とつなぐ回線に問題が生じてサーバーに接続できなくなり、原因を調べている。予備的な回線を使い通常通り午前九時に取引が始まったが、野村証券や大和証券で一部の銘柄の注文が受け付けられなくなるなど、大手証券で注文停止が相次いだ。顧客にも悪影響が波及した恐れがある。

 SMBC日興証券は、顧客からの売り注文は受け付けているものの、買い注文の受け付けを一時停止した。野村証券は一部の株式注文について「東証への執行ができていない」とウェブサイト上で説明している。大和証券は事前に受け付けていた予約注文のうち、一部銘柄の注文が通らず、訂正や取り消しができない状態だという。

 みずほ証券や三菱UFJモルガン・スタンレー証券でもインターネットを使った注文を止めるなどの対応に追われた。「顧客に売買の機会損失を含む影響が出た可能性は否定できない」(大手証券)との声もあった。

 東証で障害が起きたのは株式のほか、上場投資信託(ETF)や不動産投資信託(REIT)、転換社債の売買注文を受け付けるシステム。東証によると、九日午前七時半ごろ、証券会社から注文を受け付ける四本の回線のうち一本で問題が発生した。残る三本を利用すれば取引ができそうなことを確認し、八時すぎに証券各社に通知した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報