東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

トランプ氏が連日FRB批判 株安に加えドル高不満

 【ワシントン=白石亘】トランプ米大統領は十一日、連日の株安について「利上げのせいで起きた調整だ」と述べ、利上げを決めた米連邦準備制度理事会(FRB)への攻撃を続けた。また為替相場にも「ドルが非常に強く、ビジネスが少し難しくなっている」と利上げによるドル高傾向に不満を示した。

 トランプ氏はホワイトハウスで記者団に「FRBは間違っている」と強調。政権から独立した機関であるFRBのパウエル議長についても「解任するつもりはない。失望しているだけだ」との発言を繰り返した。

 一方、経済閣僚は火消しに追われた。ムニューシン財務長官は十一日、今回の株安は「通常の調整にすぎない」とFRBに非はないと指摘。クドロー国家経済会議(NEC)委員長も「FRBは独立しており、大統領は政策を指図しているわけではない」と語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報