東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

海賊版サイト運営者 弁護士が特定 政府の遮断法、根拠揺らぐ

写真

 漫画などをインターネットに無料公開している海賊版サイトの著作権侵害で、国内の弁護士が、海賊版サイトで有名だった「漫画村」の運営者とみられる人物を特定した。政府は海賊版の運営者の特定が難しいことを理由に、特定のサイトを閲覧できないようにする「接続遮断(ブロッキング)」の法制化を進めてきた。だが、弁護士による特定で、憲法が保障する通信の秘密を侵害しかねないブロッキングの立法根拠は揺らいでいる。 (吉田通夫)

 政府は十五日にブロッキングを検討してきた有識者会議を開き、法制化の可能性を盛り込んだ中間報告をまとめる予定。その会議に向け提出した意見書で、表現の自由を巡る問題に詳しい山口貴士弁護士が海賊版の運営者を特定したことを明らかにした。

 意見書と関係者によると、漫画村が米国の情報配信事業者を通じて無料漫画を公開していたため、山口氏は六月、被害者の漫画家を原告に米国で提訴した。米国には、情報配信事業者に対し、権利侵害の疑いがあるサイト運営者の情報を開示させる制度があり、漫画村の運営者とみられる男性の氏名や東京都内の住所などを特定できた。山口氏は米国での訴訟を取り下げ日本での民事訴訟と刑事告訴を準備しているという。

 政府は「(海賊版サイトの)運営管理者の特定は困難」などとして、六月に有識者会議を設けてブロッキングの法制化を進めてきた。

 ブロッキングは通信の秘密を保障する憲法に抵触し、サイト選定が検閲となって表現の自由を萎縮させる恐れがある。だが、政府は「正当防衛」のように、差し迫った危険を防ぐほかの手段がない場合は違法行為が処罰されない規定を適用でき、ブロッキングは合法になると説明していた。

 政府方針に対して、山口氏は意見書で「米国内の情報配信事業者を利用している海賊版サイトの運営者は特定可能で、ブロッキングを立法する根拠はない」と指摘。有識者会議でブロッキングに反対してきた宍戸常寿(じょうじ)東大大学院教授と森亮二弁護士も「前提を見直して再検討が必要だ」とする声明を公表しており、十五日の議論は紛糾しそうだ。

<ブロッキング> インターネットの利用者が、特定のサイトに接続できないようにする措置。プロバイダー(接続業者)が通信を監視して接続を遮断するため、憲法が定めた国民の通信の秘密を侵害する恐れがある。しかし政府は出版社などの要請を受けてまとめた4月の海賊版サイト対策で、ブロッキングの法制化を表明。法学者やプロバイダーからは異論が噴出している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報