東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

最先端の腕前 ロボ展示会 障害者・家事の助けに

早稲田大の岩田浩康研究室が開発した「第三の腕」の実演。指示通りにペットボトルを取った=17日午後、東京都江東区の東京ビッグサイトで

写真

 暮らしや産業に役立つロボットを集めた展示会「ワールドロボットサミット2018」が十七日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で始まった。身近にロボットを取り入れる機会を広めようと経済産業省が初めて開き、障害者や家事の手助けなど最先端の腕前が披露された。開催は二十一日まで。

 展示会には九十一の企業や団体が参加した。早稲田大の岩田浩康研究室は「第三の腕」と呼ばれ、人間とロボットが一体になって作業できる技術を出展。ロボットや専用の眼鏡を装着して取りたい物に顔を向け、「ペットボトルを取って」などと呼び掛けるとその通りに稼働する。腕が動きづらい症状を持つ人や高齢者を支援できるほか、料理中といった両手がふさがる際にも役立ち、実用化を目指している。

 スイスの大学の研究室は「サイバスロン」という障害者のスポーツに使われる電動車いすで、階段を上り下りする様子を実演した。開発者は「この技術を他の車いすに応用したい」と意気込んだ。伝統の職人技を継承しようと、遠隔操作で庭師の動きを再現できるロボットも注目された。

 会場では、二十三カ国の百二十六チームが参加するロボットの競技会も実施。パナソニックは画像認識技術などを使ってコンビニで商品を種類ごとに分別し、決められた棚に並べる競技の練習風景を公開した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報