東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

中国成長6.5%に減速 7〜9月 リーマン以来の低水準

GDP速報値を発表する中国国家統計局の報道官=19日、北京で(共同)

写真

 【北京=安藤淳】中国国家統計局が十九日発表した二〇一八年七〜九月期の国内総生産(GDP、速報値)は、物価変動を除く実質で前年同期比6・5%増となった。伸び率は今年四〜六月期から、0・2ポイント低下し、リーマン・ショック直後の〇九年一〜三月期(6・4%増)以来、九年半ぶりの低水準となった。減速は二・四半期連続。

 米国との貿易摩擦や自動車販売など消費マインドの低下による影響が出始めたとみられる。一〜九月期の伸び率は6・7%で、一八年通年の政府目標である「6・5%前後」を維持したが、十〜十二月期は6・5%を割り込む可能性もある。

写真

 同時に発表した一〜九月期の経済統計によると、公共事業や設備投資を示す固定資産投資は前年同期比5・4%増だが、伸び率は一〜六月期の6・0%増から鈍化した。

 消費動向を示す小売売上高は9・3%増で一〜六月期と比べて0・1ポイント鈍化、工業生産は6・4%増で一〜六月期から0・3ポイント減速した。

 米国は中国の知的財産権侵害を理由とした貿易制裁で、七、八、九月に全体の半分にあたる二千五百億ドル相当の輸入品に追加関税を発動、中国は報復関税で対抗している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報