東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

スバル大規模リコール検討 数十万台、エンジン不具合か

 SUBARU(スバル)が大規模なリコール(無料の回収・修理)を国土交通省に届け出る方向で検討していることが二十五日分かった。エンジンの不具合とみられ、対象台数は数十万台に上る可能性がある。車種も主要モデルのほとんどに及ぶ見通しだ。

 二十三日に二〇一八年九月中間連結決算の業績予想を下方修正し、純利益を当初から三百一億円引き下げ、四百九十億円に設定した。リコール費用の計上が大きく利益を圧迫するもようだ。営業利益も千百億円から六百十億円に修正している。スバルでは昨年来、検査不正が相次いで発覚し、計約四十二万台のリコールを届け出た。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報