東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

アマゾン、インテル 四半期での最高益 7〜9月期

 【ニューヨーク=共同】アマゾン・コム、グーグルの持ち株会社アルファベット、インテルの米IT大手三社が二十五日、二〇一八年七〜九月期決算を発表した。アマゾンとインテルは四半期ベースで最高益を記録。好調な米景気を背景に、三社とも収益が順調に拡大した。

 インターネット通販のアマゾンの売上高は前年同期比29%増の五百六十五億七千六百万ドル(約六兆三千億円)。主力の北米市場は35%の増収を確保。利益率の高いクラウド事業「AWS」も46%増収と好調だった。純利益は約十一倍の二十八億八千三百万ドルと大幅に増えた。

 アルファベットは売上高が21%増の三百三十七億四千万ドル、純利益は37%増の九十一億九千二百万ドルだった。売上高の八割超を占めるグーグルの広告収入が20%増。クラウドサービスやアプリ販売といった広告以外の事業も29%伸びた。

 半導体のインテルの売上高は19%増の百九十一億六千三百万ドルと堅調。純利益は42%増の六十三億九千八百万ドルと大幅増だった。クラウド関連で需要が増えているデータセンター向けが押し上げた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報