東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

トランプ氏、早速強硬路線 「貿易、日本は不公平」

 【ワシントン=白石亘】トランプ米大統領は七日、ホワイトハウスで記者会見し「日本は貿易で米国を公平に扱っていない」と不満を示した。六日投開票された中間選挙で与党共和党は下院の多数派を失ったが、年明けにも始まる日本との通商交渉には厳しい姿勢で臨む考えを示唆したものだ。

 トランプ氏は「日本は何百万台もの自動車をたいへん低い関税で米国に輸出している。だが、日本は米国車を輸入していない」と貿易不均衡を指摘。「日本を批判するつもりはないが、多額の貿易赤字を抱えている」としてクギを刺した。

 日米は来年一月にも関税引き下げを扱う通商交渉を始める予定で、農産品の市場開放や日本車の輸出制限が焦点となる。中間選挙の結果、米国は上院と下院の多数派が異なるねじれ議会になり、内政面で政権運営が停滞する懸念が浮上。このためトランプ政権は貿易など外交に活路を見いだし、通商交渉で強硬路線に拍車がかかるとの見方もある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報