東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

スマホ操作し自動で出入庫 都内で実演 21年度以降実用化目指す

担当者がスマートフォンで操作すると、後方の車が駐車スペースを探して自動で発進した=13日、東京・お台場で

写真

 車からドライバーが降りた後、自動で駐車場内を走行して駐車する「自動バレーパーキング」の実演が十三日、東京・お台場であった。経済産業省が所管する「日本自動車研究所」が実施。国は二〇二一年度以降の実用化を目指している。

 自動バレーパーキングは、高級ホテルでバレー(駐車係)に車の鍵を預けて駐車を任せるように、出入庫を完全に自動化する。駐車場側にコンピューターで空きスペースなどを管理する「管制センター」を設け、通信機能を搭載した車に情報を伝え誘導する仕組みだ。車には駐車場の地図がインプットされており、カメラで周囲の状況を確認しながら自動で目的地までたどり着く。駐車スペースの近くまでくれば、自動で駐車する機能は既に一部の高級車に搭載されている。

 実演では、スマートフォンの画面で「入庫」をタップすると、車は数十メートル離れた駐車スペースまで移動。ハンドルを切り返しながらバックで駐車したりした。実演は何度か繰り返されたが、車が駐車スペースの白線を読み取れずに、失敗するケースもあった。日本自動車研究所の担当者によると、カメラの精度向上が課題という。

 遊園地や観光地の大型駐車場などで、アクセスしやすい場所に設けた乗降所で降りることができ、空きスペースを探したり、駐車場所から歩く手間が省ける。全交通事故の三分の一を占める駐車場内の事故を減らすことも期待できる。

 ただし、自動バレーパーキングの駐車場は、通信機能を持った車の専用になるため、駐車場事業者にとっては収支の見通しが立ちにくい。 (森本智之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報