東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

GDP、2期ぶり減 7〜9月 年1.2%マイナス

写真

 内閣府が十四日発表した二〇一八年七〜九月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0・3%減となり、このペースが一年続くと仮定した年率換算は1・2%減だった。マイナス成長は二・四半期(半年)ぶり。豪雨や地震など相次いだ災害の影響で、輸出や個人消費が振るわなかった。(渥美龍太)

写真

 項目別にみると、GDPの六割近くを占める個人消費が0・1%減と、二・四半期ぶりのマイナスに転落。台風や豪雨の影響で旅行や飲食などのサービスが弱かったうえ、野菜やガソリンの価格高騰が消費者心理を冷やした。

 景気をけん引してきた輸出は1・8%減と、五・四半期ぶりのマイナスに。自動車が西日本豪雨に見舞われたマツダが一時操業を停止し、北海道の地震でトヨタ自動車が部品供給網を寸断されたことなどが影響した。台風による関西空港の閉鎖もあり、輸出にカウントされる外国人の観光需要も落ち込んだ。

 民間の設備投資は0・2%減少と、八・四半期ぶりにマイナス。公共投資は1・9%減と、五・四半期連続のマイナスだった。

 記者会見した茂木敏充経済財政政策担当相は「今回の結果は災害の一時的な影響。景気は緩やかに回復しているとの認識は変わらない」との見方。先行きについては「通商問題の影響に留意する」と述べた。

 また、働き手に支払われた収入の総額を示す「雇用者報酬(名目ベース)」は、一八年一〜三月期が従来発表していた前年同期比3・1%増から2・7%増に下方修正、四〜六月期も4・1%増から3・4%増に下方修正した。基となる厚生労働省の賃金統計の伸び率が実態より過大なことが判明、その影響を反映させた。景気実感に近いとされる名目GDPは前期比0・3%減。年率換算では1・1%減で、実質と同じく二・四半期ぶりのマイナスだった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報