東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

三菱電機子会社、製品検査で不正 鉄道向けゴム部品

 三菱電機の子会社が、鉄道車両などに使用されるゴム部品で顧客と約束した検査を行わず、品質データを改ざんしていたことが二十一日、分かった。三菱電機は出荷先への説明を始めており、近く公表する。安全性には問題がないとしている。

 検査の不正があったゴム部品は三菱電機の完全子会社、トーカン(千葉県松戸市)が製造。製品の大半は三菱電機向けで、同社が数十社に出荷している。鉄道車両のほかビル設備や自動車部品など幅広い分野で使われているとみられる。

 トーカンは、ゴム部品の耐久性に関する検査を省いた上で、三菱電機などと契約した仕様に収まるよう品質データの数値を改ざんしていたという。トーカンから報告を受け、三菱電機が調査している。

 日立製作所グループの日立化成でも産業用鉛蓄電池や半導体部品の検査不正が明らかになるなど、大手メーカーの品質問題が相次いでいる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報