東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

端末・通信料「分離を」 有識者会議提言へ 「4年縛り」は禁止

 総務省の有識者会議が、携帯電話料金引き下げに向けて取りまとめる緊急提言の概要が二十三日、分かった。端末購入代金と月々の通信料金の完全分離を事業者に義務付け、「分離プラン」の導入を求めた。四年間の分割払いを前提に端末代金を割り引く「四年縛り」は顧客を拘束するとして禁止し、電気通信事業法の改正も視野に入れることを盛り込む。

 海外に比べ高額と指摘される料金の値下げに道筋を付ける狙いで、二十六日にも公表する。利用者が自由に選択できる明瞭な料金体系に改め、格安スマートフォン事業者や新規参入する楽天を含めた競争を促す。

 一体化プランは、広く利用者から集めた通信料金が端末割引の原資となっており、通信料金の高止まりの要因とされる。頻繁に端末を買い替える人の割引を他の人の通信料金で負担している構図で、不公平感につながっていた。分離プランでは月々の通信料金が安くなる半面、端末購入時の負担が増える可能性もある。

 大手のKDDI(au)とソフトバンクが提供する「四年縛り」は、端末を四年間の分割払いで購入して二年一カ月目以降に買い替える際、残り代金が免除されて実質半額にまで安くなる仕組みだ。両社は分離プランを導入済みとしているが、四年縛りによる端末割引が残ったままでは完全な分離ではないとの指摘が出ている。

 一方、NTTドコモは現在も一体化プランを主力とし、分離プランの採用は限定的だ。ドコモは十月末に、二〇一九年四〜六月期から通信料金を二〜四割程度値下げすると表明し、柱を分離プランに切り替える方針だ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報