東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

LINE、みずほと新銀行 店舗持たずスマホにサービス特化

握手するLINEの出沢剛社長(左)とみずほFGの岡部俊胤副社長=27日、東京都渋谷区で

写真

 通信アプリ大手「LINE(ライン)」は二十七日、メガバンクのみずほフィナンシャルグループ(FG)と協力して銀行業に参入すると発表した。店舗は持たず、ラインの利用者を念頭にスマートフォンに特化したサービスを展開する。二〇二〇年の開業を目指す。 (吉田通夫)

 新銀行の名称は「ラインバンク」。ラインの金融子会社「ラインフィナンシャル」が51%、みずほFG傘下のみずほ銀行が49%を出資して、一九年春に準備会社を設立する。

 ラインは国内七千八百万人の厚い利用者基盤を生かし、ニュース配信など事業を多角化している。中でも、現金を電子データにしてアプリに蓄積し支払いに利用する「ラインペイ」など金融事業に注力。新たに銀行業に参入することで、さらに幅広い金融サービスを手掛ける。

 予定する具体的な業務内容は明らかにしていないが利用者の給与の振込先となってラインペイの利用を促したり、アプリから他行の利用者に送金する口座振り込みなどを手掛けるとみられる。出沢剛社長は発表会で「アプリ利用者の多さを生かして顧客層を広げ、われわれならではのサービスを展開したい」と説明。銀行は信用力が重要だとして、みずほと組んだという。

 みずほにとっても、メガバンク各社が人口減少などからリストラを迫られる中、ラインの若い利用者に注目して新たな顧客を開拓する狙いがある。発表会に同席した岡部俊胤(としつぐ)副社長は「新たに開設される銀行口座はメガバンクよりもネットバンクのほうが多く、危機感がある。何もしないわけにはいかない」と語った。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報