東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

クロマグロ枠、繰り越し可能に 中西部太平洋委で合意

写真

 米ハワイで開かれていた太平洋クロマグロの資源管理を議論する中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)の年次会合が現地時間十四日(日本時間十五日)閉幕し、国ごとに割り当てられた漁獲上限に達しなかった場合、翌年に一定程度を繰り越せる仕組みを導入することで合意した。漁獲枠の柔軟な運用が可能になり、漁業者にとっては恩恵が広がりそうだ。

 日本の水産庁が十五日発表した。

 二〇一九年の未利用分から適用し、国ごとの漁獲上限の5%までを二〇年の漁獲枠に上乗せできるようになる。

 一九年の漁獲枠は現行の水準を維持することも確認。来年の会合で資源状況を改めて確認し、増枠するかどうかを議論することで一致した。

 日本の漁業関係者からは「取り残した分を繰り越せるようにしてほしい」との声が上がっていた。

 WCPFCでは〇二〜〇四年の平均漁獲量に対して小型魚(三十キロ未満)は半分に、大型魚(三十キロ以上)は増やさないと決めている。現行の日本の漁獲枠は小型魚が四千七トン、大型魚が四千八百八十二トン。

 今年九月に開かれたWCPFCの下部組織の北小委員会で日本は漁獲枠の拡大や繰り越し制度を提案していたが、米国などの反対によって見送られていた。

 来年の年次会合はパプアニューギニアで開催する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報