東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

貿易赤字 2カ月連続 原油価格上昇響く

写真

 財務省が十九日発表した十一月の貿易統計(速報、通関ベース)によると、輸出から輸入を差し引いた貿易収支は七千三百七十三億円の赤字だった。原油価格の上昇により輸入額が膨らんだのが要因。赤字は二カ月連続。輸入は前年同月比12・5%増の七兆六千六百四十九億円で、十一月として最大となった。中東からの原油が増加し全体を押し上げた。原油の先物価格は最近、世界的な景気の先行き懸念から下落しているが、貿易統計に反映される価格では高水準が続いているという。

 輸出はバハマ向けの船舶などが増え、0・1%増の六兆九千二百七十六億円。二カ月連続で増加したが伸び率は鈍化した。

 国・地域別では、米国に対する貿易収支が六千二百三十四億円の黒字だった。黒字幅は五カ月連続で縮小。自動車の輸出が減ったが、飼料用の穀物などの輸入が増えたことが影響した。

 欧州連合(EU)に対しては千三百八十二億円の赤字、中国とは五千三十一億円の赤字だった。自動車や電算機類の輸入が増えたことが要因。

 貿易統計 製品や原材料の輸出入の状況を示す経済指標。輸出額が輸入額を上回ると貿易黒字、下回れば赤字になる。税関を通過する時の申告に基づき、財務省が国や地域、品目別に集計し、毎月公表している。世界経済の回復を背景に輸出の増加傾向が続いているが、米国発の保護主義の高まりなどを受け、先行きの不透明感が強まっている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報