東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

日産、ルノーとトップ会談 臨時株主総会で応じぬ考え伝える

 日産自動車の西川(さいかわ)広人社長が、企業連合を組むフランス自動車大手ルノーのティエリー・ボロレ最高経営責任者(CEO)代理とオランダで一対一で会談したことが十九日、分かった。西川氏が帰国後、都内で記者団に「取締役同士が同じ土俵に立つようにお願いしてきた。いい話し合いができた」と話した。

 両社のトップ会談は、カルロス・ゴーン容疑者の逮捕後初めて。

 両社に三菱自動車を加えた企業連合三社は十八、十九の両日、幹部会議をオランダ・アムステルダムで開催した。西川氏は現地で会議に出席。三菱自の益子修CEOはインターネット中継で参加した。

 両社は経営の主導権を巡って激しく争っており、企業連合の維持に向け、どこまで歩み寄れるかが焦点になっている。西川氏は、ゴーン容疑者の不正についての内部調査結果も今回直接、ボロレ氏らルノー幹部に説明したい意向だったが、今回は見送られたようだ。ルノー側が日産から直接説明を受けることに対し慎重な姿勢を見せているためとみられる。記者団には「われわれはいつでも説明できると話しはした」と述べた。

 関係者によると、西川氏はルノーが求めていた臨時株主総会の早期の開催に応じられない考えもルノー側に伝えた。臨時株主総会については、十七日の日産取締役会でも議論されたが、企業統治(ガバナンス)改革を優先するため開催しないことで合意した経緯がある。

 一方、日産の取締役会では、役員報酬の配分について「会長に一任する」としていた内規を削除し、今後は取締役会で決める方針という。 (森本智之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報