東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

個人情報へのアクセス フェイスブックがIT大手に特別許可

 【ニューヨーク=共同】十九日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、交流サイト大手フェイスブックが数年にわたり、マイクロソフトやアマゾン・コム、ソニーといったIT大手企業などに利用者の個人情報へのアクセスを特別に許可していたと報じた。内部文書や関係者の話として伝えた。

 フェイスブックは、さまざまな端末などで利用できるようにしたり、各社のアプリでフェイスブックの友人からの推薦を表示できるようにしたりするのが目的だったと説明。「利用者の同意なしに企業に情報をアクセスさせていなかった」としている。

 ニューヨーク・タイムズによると、マイクロソフトの検索サービス「Bing(ビング)」は友人登録した人の名前を同意なしで知ることができ、アマゾンは名前などの入手が許可されていた。動画配信大手ネットフリックスは利用者のメッセージを読めたという。マイクロソフトやアマゾンなどは「二〇一七年時点で友人登録した人を通じて利用者のメールアドレスの入手が可能だった」としている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報