東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

日産が一時解雇 メキシコで1000人

 【ロサンゼルス=共同】日産自動車は二十日、メキシコにある二つの工場で約千人規模の一時解雇を行うと発表した。「市場環境に対処するため生産水準を調整する」としている。メキシコの地元メディアなどが報じた。対象は中部アグアスカリエンテス州と中南部モレロス州クエルナバカの工場。一部では既に一時解雇を実施した。英紙フィナンシャル・タイムズによると、メキシコには約一万七千人の従業員がいる。

 メキシコには北米自由貿易協定(NAFTA)による関税ゼロや低賃金労働力にひかれ、多くの日本メーカーが米国向け輸出拠点として進出。だがNAFTAに代わる米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)の合意で今後、戦略練り直しも本格化しそうだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報