東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

ファミマ、スマホ決済導入へ コンビニ進むキャッシュレス

写真

 ユニー・ファミリーマートホールディングスは二十七日、スマートフォン(スマホ)を使った独自の決済サービスを二〇一九年七月に始めると発表した。同じくコンビニ大手のセブン−イレブン・ジャパンも独自のスマホ決済を始める計画で、コンビニ大手によるキャッシュレス決済への取り組みが加速している。

 ファミマが導入する電子マネー「ファミペイ」は、客が専用のアプリで表示させたスマホ画面のバーコードを、店員がレジで読み取って決済する仕組み。代金はクレジットカードや現金でチャージし使用することができる。全国のファミリーマート約一万七千店のほか、業務提携するドン・キホーテの店舗にも広げたい考え。買い物額に応じて一定額のキャッシュバックも行い、利用を促す。Tポイントなど提携先のポイントもためられる。

 独自のスマホ決済を導入する狙いは、消費者一人一人の購買履歴や好みなどを情報収集し、商品開発に生かすことや客の好みに合ったクーポンを発行して来店を促すことにある。

 コンビニ業界では、セブン−イレブン・ジャパンも一九年夏までに独自のスマホ決済を導入する計画を発表している。ただ、相次ぐ参入で、スマホにバーコードを表示させる決済方法だけでも十種類近くになる。消費者は店舗ごとに異なる決済方法に対応する必要に迫られるデメリットもある。

 キャッシュレス決済に詳しい消費生活評論家の岩田昭男氏は「スマホ決済を通じて集めた顧客情報の生かし方は多種多様に考えられる。分析結果をどう活用するか、企業による知恵比べの時代だ」と指摘する。 (須藤恵里)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報