東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

大和ハウス 中国で234億円横領被害か 関連企業不正引き出し

記者会見で謝罪する大和ハウス工業の芳井敬一社長(左)ら=13日午後、大阪市で

写真

 大和ハウス工業は十三日、中国・大連の関連会社で巨額の会社資金が不正に引き出されたと発表した。現時点で判明している帳簿と預金残高の差額は約二百三十四億円で、流出したとみられる全額が回収できなかった場合、約百十七億円の投資損失を計上する見込み。現地の捜査当局に業務上横領などの疑いでいずれも中国人の幹部ら三人を刑事告訴する手続きに入った。

 大和ハウスによると、不正があったのは二〇〇五年に現地の建設会社と合弁で設立した住宅開発・販売会社。今月七日に女性の出納担当者が社内書類を持ち出そうとしているのを別の社員が発見し、その後欠勤が続いたことから、帳簿の突き合わせを行った。

 預金残高と帳簿に差異があることが十二日に発覚。その後の調査で、合弁相手から派遣されている取締役二人と出納担当者の計三人の疑いが浮上した。三人は親族同士で、連絡が取れない状態が続いている。

 また、送金にインターネットバンキングが使われた可能性が高いと明らかにした。取引記録などから、不正は少なくとも一五年には始まっていたとみられるという。

 合弁相手の中国の建設会社は一八年夏、大和ハウスとともに開発した物件を無断譲渡したことが判明。疑念が募ったため、大和ハウス側は合弁解消の方針を固めていた。

 芳井敬一社長は十三日夕、大阪市内で記者会見し「応援してくださるお客さま、株主さまに大変ご迷惑をお掛けした。心より深くおわびします」と謝罪。進退については「考えていない」とした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報