東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

トヨタ、中国生産280万台へ 25年までに 18年の2倍超

写真

 【上海=鈴木龍司】トヨタ自動車は二〇二五年までに、中国での現地生産を年二百八十万台規模に引き上げる検討に入った。中国政府が環境規制を強化していることを受け、二三年をめどに新型の電気自動車(EV)の現地生産に乗り出す予定。新工場建設を含めた大規模な投資も視野に入れる。

 一八年の生産実績は百三十一万台で、引き上げにより二倍以上の大幅増となる。中国市場は新車販売が年二千八百万台と世界最大。トヨタにとって最重点地域だが、一八年の販売実績は百四十七万台、市場占有率(シェア)は5%程度にとどまった。生産増に伴って販売も伸びれば、販売台数は二百四十二万台(一八年)の米国市場を超える。生産拠点としては、一八年の実績で三百十三万台の日本に迫る規模になる。

 生産増の柱の一つは、EVの量産。広州市に拠点を置く広州汽車集団との合弁会社「広汽トヨタ」と、天津市が拠点の第一汽車集団との「一汽トヨタ」で、二三年にも新型EVの生産を始める方向で調整している。それぞれ年二十万台規模の新工場を建設する案などを検討している。

 中国政府は一九年から自動車メーカーにEVなどの新エネルギー車(NEV)を一定比率、生産することを義務付けたNEV規制を導入した。トヨタは対応策として今年からプラグインハイブリッド車(PHV)の「カローラ」「レビン」の現地生産に乗り出すほか、二〇年に小型スポーツタイプ多目的車(SUV)「C−HR」をベースにしたEVの生産も始める。

 生産計画としては、既に二〇年代初頭に現地生産を年二百万台規模に増やす方針を固め、既存の生産拠点の増強や工場棟の建て増しなどを計画する。加えて今後、さらに需要は拡大するとみて、二五年の二百八十万台体制に向けた本格的な検討に乗り出した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報