東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

新卒一括採用脱却 経団連と大学一致

 経団連は二十二日、採用と教育の在り方を大学と話し合う産学協議会の第二回会合を開き中間報告を取りまとめた。春の新卒一括採用に偏り過ぎている慣行から脱却し、多様な方式による採用への移行が必要と提言した。IT企業などで目立つ通年採用が広がる見通しで、学生の就職活動に大きく影響しそうだ。

 経団連の中西宏明会長は協議会終了後に「ルールがないのは困るが、多様性は非常に重要だ。さまざまな働き方を開拓していく仕組みを検討していく」と述べた。報告は政府の未来投資会議の議論に反映させる。

 現在の一括採用では、海外から夏ごろに帰国する留学生にとって、大企業の採用活動が終わっていて不利になるなど時代に合っていないとして、改善に向け産学で協議を進めてきた。

 報告は「学生個人の意思に応じた、複線的で多様な採用形態に、秩序をもって移行すべきである」と明記。留学を含め学生が学業に専念できる時間を確保できる就職・採用方法に改め、質の高い大学教育を企業と大学の共通理解で実現していくことを盛り込んだ。

 今後、作業部会を設置し、具体的な仕組みづくりを検討する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報