東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

パジェロ国内販売終了へ レジャーブームの代表車

写真

 三菱自動車が、スポーツタイプ多目的車(SUV)ブームの火付け役となった「パジェロ」=写真=の国内販売を終了する方向で最終調整していることが二十二日、分かった。近く現行モデルを小幅に変更した最終モデルを投入する見通しで販売終了時期は未定。直近の国内販売台数は年間数百台規模と振るわなかった。根強い人気を誇る海外では販売を続ける見通しだ。

 パジェロは一九九〇年代前半にRVブームを巻き起こした代表車種。自動車のダカール・ラリーでも活躍し、四輪駆動車人気をけん引した。その後、国内では燃費性能などを高めたSUV主力車種「アウトランダー」や「エクリプスクロス」などに主役を譲った。

 三菱自幹部は「省エネ性能を高めるなどした他のモデルに『パジェロ』の名前を残すことも含めて考えたい」と話した。

 岐阜県にある子会社「パジェロ製造」が生産を手掛けている。海外向けの生産は継続する。

 三菱自は、燃費不正問題で経営が悪化し、二〇一六年十月に日産自動車の傘下に入った。足元の業績は回復基調にあり、収益力のさらなる強化を目指している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報