東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

ルノー、今月中旬 統合再提案 日産側は拒否

 仏自動車大手ルノーが今月中旬、企業連合を組む日産自動車にあらためて経営統合を打診していたことが分かった。日産側は拒否したという。日産関係者が明らかにした。ルノーは以前から統合を求めていた。カルロス・ゴーン被告の逮捕後の経営の安定化を目指してきた日産にとって、ルノーのかたくなな姿勢は今後も懸念材料になりそうだ。

 ルノーは日産に43・4%出資する一方、日産は15%しかルノー株を持たず立場が弱い。日産はルノーの子会社に当たるが、業績面では日産がルノーを上回り、「ねじれ」が生じている。ルノー側は経営基盤を安定化させるため、かねて経営統合を求めてきたが、日産は経営の独自性を保つため拒んできた。

 関係者によると、三菱自動車を加えた三社連合の首脳による新組織の初会合が今月中旬にパリで開かれ、その際にルノー側が提案した。新組織の発足に合わせて開かれた三月の記者会見では、自動車業界の激しい競争を背景に、日産、ルノー両社とも「ゴーン後」の体制づくりを優先し、統合問題を先送りする姿勢を示唆していた。 (森本智之)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報