東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

日産、COOに生え抜き昇格

 日産自動車は二十三日の取締役会で、五月十六日付の役員人事を決めたと発表した。最高執行責任者(COO)には、生産部門などを統括するチーフ・コンペティティブ・オフィサー(CCO)の山内康裕氏(63)を昇格させる。星野朝子専務執行役員ら三人を副社長に充てるなど企業統治の改善に向け、役員の陣容を刷新する。

 COOは二〇一三年十一月以降は空席となっていたが、五年半ぶりに復活する。日産は、今回の人事の狙いについて「事業の安定化を目指して経営体制を強化する」と説明している。

 日産は企業連合を組むフランス自動車大手ルノーとの間で、COO以上の首脳級役員を受け入れる協定を結んでいる。ルノーは協定に基づき、新たにポストを要求していたもようだ。しかし、日産は今回は応じず、生え抜きの山内氏をCOOに昇格させ、ルノー出身役員のクリスチャン・ヴァンデンヘンデ氏を副COOとするにとどめた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報