東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

日産、西川社長続投へ ルノートップ2人迎える

写真

 日産自動車は十七日、新しい取締役候補者十一人を発表した。筆頭株主のルノーから経営トップ二人を迎え、日産の生え抜きと同数になった。勢力は拮抗(きっこう)することになる。残る七人は社外取締役で、全体の過半数を占める。

 候補者は現役の社外取締役らでつくる委員会がまとめ、日産の取締役会が十五日、全会一致で承認した。六月の定時株主総会で承認されると、「ポストゴーン」の新しい経営体制が本格始動する。

 ルノーの二人は、新たに選ばれたティエリー・ボロレCEO(最高経営責任者)と、続投するジャンドミニク・スナール会長。ルノー側から要請があり、日産が受け入れた。

 一方の日産は、西川広人(さいかわひろと)社長兼CEOとナンバー2の山内康裕COO(最高執行責任者)。西川氏の続投をめぐっては、検討段階でゴーン前会長の不正を見過ごした責任を問う声もあったが、ルノーとの関係改善や、業績回復など課題に対処するには「経営の継続性が重要だと判断した」(日産幹部)。

 社外取締役の候補は、木村康JXTGホールディングス相談役ら英、仏、米国籍を含む男性五人、女性二人。経済産業省出身の豊田正和氏、レーサーの井原慶子氏は続投する。取締役会議長は六月の株主総会後、この七人の中から選ぶ。日産の元COOで、ゴーン前会長を支えた志賀俊之取締役は退任する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報