東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 経済 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【経済】

無人配送「ロボ便」 米フォード研究 自動運転車使い

米フォード・モーターが研究する、自動運転車とロボットを活用した無人配送のイメージ=同社提供・共同

写真

 【ニューヨーク=共同】二本足で歩くロボットが、お宅の玄関まで荷物を届けます−。米自動車大手フォード・モーターは二十二日、自動運転車と二足歩行できるロボットを組み合わせた無人配送の研究を始めると発表した。階段を上り下りできるロボットが車に乗り、荷物を届ける姿を描く。

 ロボットは、米ベンチャー企業アジリティー・ロボティクスが開発した。フォードの自動運転商用車の後部に載せ、配送先の近くまで来たらロボットが荷物を抱えて玄関まで届ける。

 ロボットは重さ約十八キロまでの荷物を運べる。起伏のある場所も歩けるという。フォードが公開した動画ではロボットが歩道上の障害物を避けて歩く様子もあった。

 自動運転車が配達先付近の詳細な地図をつくり、玄関までの最適な行き方をロボットに伝える仕組み。ロボットが予期しない障害物に直面した場合は、車がロボットから受信した画像を分析して解決策を考えるという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報